完熟マンゴーのタルト

Sweets Cloverのお菓子

完熟マンゴーを2個使った贅沢なタルトを作りました。

このマンゴーは「ケント」という種類。
繊維が少なく、肉厚で高糖度。香りも良くて濃厚な味わいのマンゴーです。
アップルマンゴーと言えばなじみがあるでしょうか。

マンゴーと言うとお高いイメージがありますが、今回はコストコで箱入りを購入しました。
しかも、オーガニックのマンゴー。
一箱に10個ほど入っていて、お値段もお安いのでおすすめのマンゴーです。
それを、購入してからおウチで完熟するまでじっくり待ちましたよ。
お部屋中に良い香りが漂って幸せでした。。。

今回のタルトは、少し上級者向けになります。

パート・シュクレ

タルト生地は「パート・シュクレ」で、一晩冷蔵庫で休ませてから型に敷き込みます。
これは、バターの配合が高くて扱いにくい生地だから。
でもその分、とても美味しい生地に仕上がります。

生地を型に敷き込むコツなども、レッスンではお伝えしています。

マンゴータルトの中はこんな感じで作っています

タルトの中は、ムースっぽい「マンゴークリーム」と、「マンゴーゼリー」です。

パッションフルーツと合わせる配合もありますが、こちらはマンゴーのみ!のレシピです。
国産のお高いマンゴーだとなかなかお菓子に使うのに勇気が要りますが、コストコマンゴーなので贅沢に2個使用できました♪

マンゴータルト

カットするとこんな感じです。

マンゴータルト

トップには、カットしたマンゴーをもりもり乗せて「ナパージュ」を刷毛で塗り、マンゴークリームを周りに絞りました。

奇跡的に8月に国産苺が入手できたので一緒に飾ってみました。

手間はかかりますが、マンゴーの濃厚な甘い香りもあって、とーっても美味しいタルトが完成しました。
是非美味しいフレッシュなマンゴーで作ってみてくださいね。

関連記事一覧