菓子製造業の許可を得るために

菓子製造業

自分で作ったお菓子を販売するには、「菓子製造業」の許可が必要です。

その許可を得るには、まず

1. 保健所で許可が下りる専用の工房を設ける。

これが大前提です。

他にも必要な届け出・資格等が必要ですが

なんと言っても一番重要なのがこれ(専用の工房)です。

「専用の工房ってどんなの??」
「自宅のキッチンではダメよね」

私も販売を正式に意識するまでは

「自宅キッチンでは100%許可は下りない」という程度しか知りませんでした。。。

保健所に伺ったところ、やはりそのような答え(自宅共有のキッチンでは許可は下りない)でした。

自宅キッチンがどんなに新しくても、キッチンをどんなに綺麗にお掃除していても、です。

自宅がダメと言うわけではなく、自宅キッチンとの共有がダメなのです。

ですので、自宅で許可を得たい場合は、自宅で利用するキッチンとは別に新たにキッチン設備を整えればOKです。

私もこの方法を考えましたが。。。断念しました。

持ち家ですので、改築は自由ですが

スペースの問題・費用の問題・将来売りに出す(かも知れない)場合の制限

などなど考えたところ、自宅を改装するより

物件を借りてそこで許可を得る方が早くて確実と思ったのです。
ですので、ネットで賃貸物件を探すことにしました。

そうしたら、ラッキーな事に、あっという間に理想の物件が見つかりまして

即座に契約しました♪

もちろん、契約する前には、保健所でしっかりと相談しましたよ。

物件の資料を持参し、担当の方にいろいろと教えていただきました。

私が検討していた物件では、菓子製造業として許可を得るために
何が足りないのか・足りない点についてはどのようにすれば良いのか。。。

担当の方は優しく親切に教えてくださいました。

そうしましたら、想像していたよりも簡単に許可が下りる物件であったため
その物件で即決しました。

そして、物件契約後には
友人や知り合いのハウスクリーニングのプロや
コンサルタントとも相談しました。

保健所で許可が下りる条件以外に私が求めていたのは

・ 自宅から通える距離

・ ガスオーブンが使える

・ 予算

この3つが私にとっての最低条件でした。

ラッキーなことに物件を探し始めてから決定するまで、1週間もかかりませんでした!

まさに理想の物件。。。

10坪にも満たない場所ですが、私のお城が手に入りました♪

理想の物件が見つかり、契約を済ませたら今度は
実際に営業許可が下りる様、物件内を仕上げる事です。

具体的には、手洗い設備を設ける・調理台・食品の保存場所・収納場所を設ける、などなど。。。

それについては、またご紹介しますね。



関連記事一覧